3年分の星読み【無償の愛と人工知能】2.


昨日の記事から続いて、いよいよ2018年の流れを紐解いていきます。
わたしの星読みは、人類の潜在ニーズを読んでいきます。そのため、来年以降、一体何が流行し、何が発展のカギになるかも割に細かく書くことができます。お仕事などにも、ぜひご活用ください。

「無償の愛」
「みずがめ座×しし座」時代からすると、一見使い古された感のあるこのテーマ。実は2018年と言わず、およそ10年は続く根底的なテーマです。

まずは、今年の大まかな星の流れを見ていきましょう。

◆2018年5月天王星がおうし座へ

およそ7年、同じサインに留まる天王星。今回の天王星は、実は水星と深いつながりがあります。


「情報」「デジタル」「お金」に対する古い慣習を破壊。
神秘的な原理を取り入れて生まれた、新たな理論体系が「お金」「物」を生む。

そんな流れが存在します。
実は2011年から始まった、おひつじ座・天王星の7年間も水星との繋がりが強く「情報」「デジタル」「お金」の変革が、水面下で始まっていました。ただこの時期はまだ「絵にかいた餅」だった。原理的にはお金・豊かさを生む。けれどまだ、机上の空論。

そんな沈黙の7年間だったんですね。

具体的には、仮想通貨、人工知能、そして手前みそですが、わたくし木星が研究中の新占星術「∞アストロジー」</span has not>もこれに当たります。

現在2017年の大晦日で、ビットコインが大幅下落している最中のため、ドキドキしながら書いていますが(笑)、恐らく仮想通貨は2018年以降、現実的に「使える」ようになっていく。投資や株と同様に、個人を超えて、企業がこれを取り入れていくでしょう。

もし仮想通貨がこうした発展を遂げなくとも、2017年現在で、過去7年間に「机上の空論」だったマネー原理が台頭し、「金の卵」に化ける可能性は非常に高い。そうしたものに心当たりがあるなら投資をおススメします。

人工知能は既にテレビコマーシャルでも耳にするようになり、具現化が加速しています。実はここに、電子工学の範囲を超えて、スピリチュアルな概念が加わる可能性がある。これは非常に面白いことです。

◆2017年12月20日 土星がやぎ座へ。2020年3月まで。

既に「モッくまくんの星のダイアリーOn twitter」でも触れましたが、土星、最大のテーマはこれ。

得意なこと、二番目に好きなことに逃げず、大好きなことをとことん形にせよ。

実を言うと、2018〜2019年は下克上の年。業界でトップを独走していたのに、突じょ足をすくわれる。右肩上がりだったビジネスが急降下する。まったく無名だった人間がスターになる、ミリオネアになる。こうしたことが、バッタンバッタン起こるはず(笑)。

これは天王星の流れも関係していて、日陰で研究中だった理論が「使える状態」で世の中に出てくるため。その瞬間、レギュラー交代となりやすい。特に、情報・ビジネス・神秘哲学・スピリチュアル・考古学・マネー理論・電子工学・宇宙物理学などの分野で起こりやすいでしょう。

仮にあなたがトップ独走者だったとして。「誰に追い抜かれても、業績が落ちても、情熱は変わらない?本当にそれが好き?」この二年半、土星はそんな問いを、激しくあなたに投げかけてくるはずです。

没頭していたのは、成功者でいられたから。注目されなく無くなった今、意欲が失われてしまった。

そう気づいたのなら、すぐにでも「本当に大好きなこと」を探してください。過去の栄光を取り戻すため、魂の喜びでないものにしがみついているのは、時間の空費です。また、星が応援していない。
星を味方にすることは、結果的にあなたをイキイキと、満ち足りた状態へと導きます。どうかそれを忘れないで。

◆2017年10月 木星がさそり座へ。2018年11月まで。

木星、最大のテーマは、既に半年前からお伝えしている通り、

子どもにも分かるスピリチュアル。ネットを活用しつつも、最終的なヒットポイントは出版業界にあり。

です。

実はスピリチュアルだけでなく、見えないもの、隠れているもの全般です。心理学・霊的なもの・エネルギー・量子力学・菌・酵素・性的なこと・内臓、下(便・尿)に関することなど。アート業界もヒットを呼びやすく、その場合は写真集や画集などを手掛けると良いでしょう。写真が専門なら、工夫を凝らした図鑑などもオススメです。

大切なのは、子ども目線。小学生から中学生くらいの相手にも分かるように記すことで、爆発的なヒットが期待できます。

わたしは現在「子どもにも分かる占星術」の物語をしたため、出版社を廻っています。実は、これを手掛けた最初の理由が、木星さそり座の星読みでした。初めは「一発当ててやるか」みたいな、こしゃくなマインドだったワケです(笑)。

けれど、天王星・土星・木星の背後にある、長期的なテーマ「無償の愛」が影響し、執筆の途中から、あらゆるビジネスマインドがすっかり喪失してしまいました。

世界中で待っている子ども達に、伝えたい。彼らのために身を粉にして働きたい。そんな感情が溢れ出てきました。うお座時代で使い古された「無償の愛」がリニューアルし復活した。そんな印象でした。
実はここ、とても大切なポイントです。

◆ここ10年は続く「無償の愛」と言うテーマ

「無償の愛」とは、言い換えると「次世代の育成」です。特にそれは、彼らの心の育成なのです。「みずがめ座×しし座」時代を生きるわたし達は、たましいからの喜びに従って生き、一人一人がスターになることを求められています。それが時代の要請です。

そしてそれをやりきった時、わたし達はもう一度、うお座の真骨頂「無償の愛」を体現する。2000年もかけて「うお座×おとめ座」時代を生き抜いてきた人類。そこで培った経験と知恵は、わたし達のDNAに刻まれています。

まずは自分に立ち還り、自身が主役になることを全うした時。2000年間刻まれ続けたうお座の「無償の愛」・おとめ座の「奉仕の心」が、自動的に起動し始めるのです。

そしてそれは、「次世代の教師」となるための大切なプロセス。
何故ならば、宇宙が与えた若い世代へのハードルが、人工知能・AIだからです。

子ども達が大人になる中で「抑圧されてでもしたい、何か」に気づくために用意されたハードル。それが、人工知能の役割の裏面です。この人工知能に、「使われる者」になるのでは無く「使う者」になるために。もっとも大切なことが、心の教育なのです。

そのために必要なのは、道徳や倫理の教育ではありません。子ども達の心に感動を届けること。

わたし達大人が、しし座的な人生を全うし、たましいの喜びから生きたとき、若い世代はその姿を見て、心を震わせる。

一方、大人であるわたし達は、しし座をやりきったその先に、「無償の愛」を獲得します。それは一昔前の、自己犠牲をベースにした痛みを伴う愛ではなく、命の喜びから生まれた、枯れることの無い愛なのです。

この2年間の木星・土星は「下克上」のテーマが背後にあると言いました。

それは、「たとえ次世代に抜かれても、彼らを祝福できるほどに、悔いなく自分を生きているか」を、試されているとも言えるでしょう。「次世代に抜かれる」経験で、葛藤や嫉妬、自己否定感を強く味わったなら。その感情がどこから生まれてくるのか、どうかとことん、見つめてください。

その奥に、たましいレベルの才能が花開く、大きなヒントが隠されています。
これもまた、深遠な宇宙からのギフトなのです。

 

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使い行っています。


3年分の星読み【無償の愛と人工知能】1


2018年から2020年のテーマは「無償の愛と、AI」。字づらでかけてみました(笑)。

ただその前に、大切なこと。今わたし達が生きているこの時代は、2000年周期で訪れる、巨大な過渡期であることをお話ししましょう。

◆みずがめ座時代って、いったいなんだ!
「みずがめ座時代」と言う言葉。どこかで聞き覚えのある方も多いはず。今わたし達は、うお座時代からみずがめ座時代へと移り変わろうとしています。

これは、占星術が生まれた約2000年前。春分点の位置を、おひつじ座0度と定めたことにさかのぼります。春分点の位置は地球の自転軸の運動により、実は少しずつずれていく。その結果、今現在は、おひつじ座0度からうお座を通過し、みずがめ座のサインに入ったと言われています。

文章だけでは分かりづらいので、盟友・木星人のモッくまくんの力を借りて、図解してみましょう。


おひつじ座0度は、12サインのスタート地点。つまりそれは「人の原点」を示します。春分点がうお座に在ったこの2000年は、うお座の象徴する宗教・神秘・利他性・無償の愛・自己犠牲・受容・依存・皆が一緒・同一化・セラピー・トラウマ・弱者支援・自然回帰などがテーマにあった。

ただし。うお座だけに注目すると、見逃すリアリティがあります。それは、うお座の対向にあるおとめ座です。

元々占星術は、二元論を軸にしています。男と女。太陽と月。社会と個人…。こうした二つの視点でうお座時代を見る時、対向のおとめ座は重要です。同時に今現在、始まったばかりのみずがめ座時代も、対向にあるしし座が背後で力を振るっています。図解してみましょう。

うお座時代・みずがめ座時代の象徴が「宇宙が示したテーマ」なら。おとめ座・しし座は「大地のテーマ」。わたし達の現実社会に、目に見える形でより反映します。

うお座時代の初期はキリストが誕生した時期。そこから宗教をベースにした社会が、世界中で具現化されていきました。国家間の紛争や、政治的・経済的な抗争は、背後に宗教の問題が潜んでいることは周知の通りです。

もう少し身近な話題で言えば、例えば10年くらい前までは、セラピーや弱者支援などに従事する人は「無償でやる」「限りなく安値でやる」なんて方が「本物」と言われた。

どんなに大きな結果を出しても、高額なお金を請求したとたん「アヤシイ人」の烙印(らくいん)を押された。けれど最近の傾向は、むしろ逆。しし座のテーマが前に出て、妙な話ですが、さほどクオリティが高くなくともその人のキャラクター、人生が魅力的なら、人々はこぞって彼らのサービスを受けるようになりました。

つまり「利他的に、限りなく廉価で、良い物を提供する人」よりも、少々エゴイスティックでも「魅力いっぱいに、自分が大好きな商品を、そこそこの精度で、高額に提供している人」に、人が集まるようになった(笑)。前者はおとめ座的な仕事の仕方。後者はしし座的と言えます。

ここに、おとめ座からしし座への、時代の移行があるんですね。

何だか、理不尽なようにも感じる流れですが、「個を抑えて、社会に奉仕しようとする」おとめ座的な姿勢は、物理的にはクオリティが高くとも、時代の流れを味方にした、フレッシュなエネルギーに欠けています。人がしし座的な人物からサービスや商品を買うのは、内容以前に、彼らの新しいエネルギーに魅了されているからなんですね。

時代が生み出すパワーとは、それほど巨大なのです。

◆この時代。わたし達は、スターになるために生まれてきた?
「うお座×おとめ座」のテーマは、まだまだあります。
うお座が生み出した「宗教・受容」の世界観は、結果的に「依存・支配」を生み出しました。テーマの鮮度が最も高いのはスタートの時期。そして最盛期は1000年ほどたった中ほどですから、後半のここ数十年は伸びしろを完全に失い、「うお座×おとめ座」の、弊害ばかりが目立つようになっていました。

それが、おとめ座による「個の抑圧」と、それを「管理、支配する国家や社会」といった構図です。

教育は無機質でマニュアル的な内容を中心とし、企業は個人の個性化よりも、ルーティンワークを正確にこなせる者を求めました。何故なら、そちらの方が管理しやすかったから。

このように書くと「社会に問題があったのだ」と発想する人も多いでしょうが、実はそれほど短絡的なことではなく「わたし達人類が、潜在的にこれを求めていた」ということなのです。

社会・国家という大きな存在に守られ、個を抑制し、お上に奉仕する。

こうしたおとめ座的な思考・環境の中で、学べる何かがあった。その学びとは、例えば「抑圧されてでもしたい、何か」を、見つけることだったかもしれません。宇宙のテーマは本当に深淵で、わたし達人間が、初めから全てを与えられていたのでは「たましいの願い」に気づけないことを、知っているかのようです。

この時代的テーマが、おとめ座からしし座へ、うお座からみずがめ座へと移った今。一体宇宙からわたし達に、どんなテーマが託されているのか。もうお分かりでしょう。

「うお座×おとめ座」時代が作り出した国家という産物は、今あらゆる意味で瓦解(がかい)しようとしています。移民問題・紛争・内乱・テロの多くは「国境を超えて、他の国の状況を知る」インターネットの存在により、急速に増加しました。

インターネットはみずがめ座の象徴として、最初に挙げられる重要な要素。

封建国家にとってはこれこそが、脅威の産物なのです。ネットにより、他国、他民族がどれほど潤っているかを自国民に知られれば、抑圧され生きてきた彼らが、爆発的な暴動を起こすことは目に見えているからです。

もう少し卑近な話をするなら、わたし達個人が、勤め人ではなくフリーランスとして仕事を楽しめるようになったのも、ネットの恩恵は大きいでしょう。

自分という個性を、あらゆる人々に、ライブ感を保ったまま、魅力的に伝達できる。このネットの普及により、組織に守られ従属して生きる、おとめ座的生き方から、粗削りでも個性を存分にアピールして生きる、しし座的生き方へと、多くの人々がシフトしました。

わたし達人類が、宇宙から2000年周期でやってくる巨大なテーマを活用するとき。

今まさに、しし座性を発揮して生きることが求められています。しし座性とは、個性・自己表現・自己陶酔・ヒロイズム・スター性・自立・熱・肚から湧き上がってくるもの・没頭・無邪気さ・子ども心・粗削りです。

そして実は「抑圧されてでもしたい、何か」を見つけるために存在した、国家と言う制限は既に終わりを迎え…。次世代に向け、宇宙が用意した新たなハードルがあるのです。
それが、AI。人工知能です。

国家という概念が生まれた当初。その存在が人類に多大な恩恵をもたらした様に、AIもまた、わたし達に豊かさを与える面を併せ持ちます。すべてには表と裏があり、その両面を知ることが大切なのです。

次回はいよいよ、「AIの役割」と、そこに付随して生まれた「無償の愛」の必要性。これについて掘り下げていきましょう。

3年分の星読み【無償の愛と人工知能】2.

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使って行っています。


スピリチュアル下克上


こんにちは!新・占星術創始者の、木星(Jupiter)です。

 

今日のテーマは、「スピリチュアル下克上」。
今年秋から来年秋までの星の流れについて、新しく見えてきた情報をお伝えしていきましょう。

 

さて、今月は自己調整の時期でした。
5月末ごろから6月半ばにかけて、やたら眠くて仕方ない。動く気になれない。体調不良やメンタルの崩れなど、自分と向き合う時間が多かったことでしょう。

 

しかし6月終盤から7月にかけて、少しずつ上り調子に。エネルギーが満ちていきます。

 

次なる調整は8月終盤からで、それまでは自由にのびのびと自分を表現できますから、仕事や学びを楽しんでいきましょう。

 

さて木星はですね。
現在「小学生にも分かる占星術」の制作に没頭中。
併せて、新・占星術「インフィニティアストロジー」もさらに深く分かってきて、からだがいくつあっても足りない状況です。

 

この集中力を大切にしたいので、明日から長野の山奥に引きこもり、さらに制作に力を入れたいと思います!ネット環境が整わない場所のため、ブログ更新はしばらくお休み

 

その前に、新・占星術で新たに分かってきた、秋からの流れをお伝えしましょう。

 

今年の8月ごろから来年の10月ごろまで。
ラッキースター木星の流れを読む中で、大ブレイクのポイントがある。

それが「小学生にも分かる〇〇」とお伝えしてきました。
大ブレイクをあなたのものに!!2017~2018年秋!

 

「見えないもの」
つまりは、心理学・性・宗教・スピリチュアル・エネルギーワークetc.…。

 

を分かりやすく現実に落とし込む。
「小学生にも分かるくらい、簡単でシンプルで、楽しい表現をすること」が、鍵なんですね。

 

このエネルギーをさらに紐解いていくと、
「スピリチュアル下克上」
という言葉が飛び出してきました。

 

この時期、無名だったセラピストやカウンセラー、宗教家や風俗嬢などがあっという間にスターの階段を駆け上がる。

 

一方、今まで注目されていた同ジャンルのスターたちが、ふっと消える。ゆっくり右肩下がりになっていく。そんなことが起こるかもしれません。

 

いわゆる「スターの転落」は、見ることを避けてきた心深くにあるブロックを、無視し続けたときに起こるよう。とくに「外の顔」と「内の顔」を、大きく使いワケている方は要注意です。

 

この社会で「表の顔」を作ることはもちろん必要不可欠。しかしこの一年で、その傾向はやや過剰に。「社会で見せている顔」が「本来の自分」とかい離しすぎている方は、今後、仕事や発信がしんどくなっていきます。

 

同時に無名な方の大ヒットは、自身が抱える根深いブロックをトコトン見つめ、受け入れた時に起こります。

 

これ何故、起こるのかというと…。
今年の4月ごろから人々は、良くも悪くもアンテナ感度が上昇。人の発信の背後にある「本音」を、ネガティブ・ポジティブに限らず、より敏感に察知できるようになってきました。

 

カリスマ的な存在感で自己表現をしてきたスターたち。
これまでは輝いて見えた彼らの、その背後にあるメンタル的な課題がじわじわ重く感じたり。
或いは無名だった誰かさんの、真摯に自分と向き合う姿に希望と勇気をもらったり。
そんな心境の変化が、人々の中に起っていくんですね。

 

怒り、恨み、悲しみ、嫉妬、自己否定感…。

 

そうした感情は誰しもに在るものですが…。
その感情を無かったことにするのではなく、まるごと受け入れ認めてあげる。そして、その背後にある「本当の願い」をとことん感じきる。

 

 

これが、「小学生にも分かる〇〇」といったHOW・方法論を超え、ブレイクを呼ぶ根っこのテーマとなっていきます。

 

ぜひ自分の内側を、とことん見つめてみてくださいね^^。
それではわたしは一旦これで、研究と創作に入ります。

またお会いしましょうー!
 

 

木星(Jupiter) 
こちらFacebookアカウントお気軽にフォローくださいな^^

 

木星のプロフィールはこちら→→→


「小学生にも分かる占星術」作成スタート!!


今季最大のテーマ、「次世代の育成」と、木星個人のお話しです。

いやー…

8月の月食・日食。
蠍座に入る木星の動き。
土星、天王星の動き。

どこを切っても育成、育成、また育成!!
おかげでワタクシ木星はですね。まったく新しいシゴト、

小学生にも分かる占星術

の資料作りに突入しました(笑)。
こちらですね。。
新・占星術から、大ブレイクポイントを読んでいて、「だったらやるか~」としぶしぶスタートしたんですが、始めたらめちゃめちゃ面白い!!!

子どもにも分かる = 育成

分かりやすさって愛なんだ!!と突然肚から湧いてきて、感動して号泣してしまったよ。。
同時にですね。ブログの仕様も

子どもにも分かる

をポイントに、一掃していく予定です。
もしかしたら「小学生にもわかる占星術」資料の作成に追われて、ちょっとオロソカになるかもしれません。

断捨離のエネルギーもあるので、ブログをオフィシャルサイト一本に限定していく可能性も。その時にはご案内しますね!

同時にline@も準備中。
新・占星術で読む星の流れを、タイムリーに、繋がってるあなただけに♥お届けいたします!

それでは!
皆さん、次世代の育成に向けて、ガンガン才能を発揮していきましょー!!!
であなたの天才性を開こう。世界初!マントラ指導者ダケアヤナの「変容マジック」もお楽しみに。
 

 

木星のプロフィールはこちら→→→


大ブレイクをあなたのものに!!2017~2018年秋!


今日はですね…。
ラッキースター木星の動向を読み、これから1年半の「大ブレイクポイント」に迫りたいと思います!
そもそも新・占星術は、潜在意識を読むのが得意。
大衆が無意識に求めている、社会の潜在ニーズをくみとるチカラが強い
んですね。

 

毎号一日に原稿を書かせていただいているウエブマガジン「風とペン」。こちらでもご紹介しましたが…。ラッキースター木星の流れから読む「今から来秋までの大ブレイクのカギ」は…。

 

1)見えないものを形にする
2)デジタルで遊ぶ
3)ビジュアルと言葉のセンスを磨く

 

なんですね。
こちらをも~っと掘り下げていきましょう!
フリーランスも企業さんも、必見ですよー!!

 

 

 

1)見えないものを形にする

 

見えないものって具体的に何かと言うと…。

 

心理・芸術・神事・宇宙物理学・菌類系の学問・潜在意識・スピリチュアル・風俗・シモなど、隠されてきたことや肉眼では見えないもの。

ここで大切になるのが、

 

小学生にもわかる○○

 

です。

 

小学生にもわかるアート
小学生にもわかるスピリチュアル
小学生にもわかる心理学

小学生にもわかる科学
小学生にもわかる性
小学生にもわかるシモ…

 

わたし知らなかったんですが、既に「うんこドリル」なるものが大ヒットしているそうですね~。

 

 

うんこ = シモ

 

なので、こちらも良い例かも知れません(笑)。これですね。2017年下半期の記事でも触れた

 

次世代の育成

 

根底のテーマとしてふと~く流れています。ここ大事!!!

とにかく次の世代、子どもたちにも分かりやすく。

 

 

を念頭に、発信するブログや商品リーフレット、企業概要などを見直してみて。大ヒットに近づきますよ!

 

 

 

2)デジタルで遊ぶ

 

遊んでください。
とにかく、既存の使い方にハマらないで、自分なりに工夫すること。
情報を集め、SNSを組み合わせて、いかに新しい発信ツールを生み出せるかを考えてみてください。大事にしたいのは…

 

 

蠍座 : 深く取り込む・あなただけを見つめてる…

 

といった陰のエネルギーと

 

天秤座 : ライトに・美しく・キャッチーに♪

 

陽のエネルギーを、上手に組み合わせること。

 

 

蠍座エネルギーにピッタリなツールは、line@ だよね。

 

 

深く取り込む・あなただけを見つめている…

いわゆる、ザ・個人対応!(笑)

 

 

このツールは既に大ブレイクしているよね。そしてこれからますます発展していく。
一方、天秤座の

 

 

ライトに・美しく・キャッチーに♪

 

 

を一番わかりやすく表しているのがインスタグラム
わたし的にこちらもおススメです。特にインスタは

 

記事にURLが貼れない、
誰も文書を読まない、
画像しか見ない、
見る人がビジネスを期待していない、

 

 

などの理由から、物販・美容業界以外、「使えない」のレッテルが貼られています。
今回の「デジタルで遊ぶ」というテーマにはもってこい。

 

 

誰も使っていないツールで、いかにかっこよく、センスよく、工夫して実用的にクリエイトしていくか。ここが発展のカギです。

 

 

 

3)ビジュアルと言葉のセンスを磨く

 

既に、インスタの紹介と、小学生にもわかる○○で言い切っちゃったね。(笑)
大切なのは、蠍座に木星が移動したあとも、まだ天秤座のエネルギーが色濃いということ。

 

オシャレ感・分かりやすさ・キャッチー

と、

深く取り込む・あなただけを見つめてる…

 

の融合を大切に、発信や表現をしてみてね。
以上のことから、発展しそうな業界や商品をご紹介すると…。
【心・スピリチュアル】
心理・スピリチュアルの教材やドリル、超簡単なテキスト/
「心の傷を才能に変える」といったテーマで、小説やアニメ、漫画、映画/
漢方、ハーブ、和ハーブ・アロマなどをさらに実用化・オシャレにリメイクしたもの/
性に関する新しいビジネス/
心の状態を数値化・データ化する機器/

 

【美容・ファッション】
天然素材のコスメ/
絹・綿・麻100%の素材/
ビビットカラー/

 

【ネット】
新発想のSNSツール(Facebook・Twitter・line@・インスタに並ぶもの)/

 

【出版物】
宇宙物理学・生物学・菌類・人体(内臓や骨など)の仕組みを分かりやすく記した図鑑
児童向けガイド本

【その他】

文具
新しい教材

 

【アート】
デジタルやグラフィックの新しいアート/
写真(動植物の接写や解剖図、肌の質感などに特化したもの、図鑑など)/
植物、昆虫などを用いたアート/

 

です。

企業さんは、こういった視点で広告を作っていくとよいですよー!

以上、ラッキースター木星から読む今後1年の大ブレイクポイント、でした!

 

 

木星(Jupiter) 
こちらFacebookアカウントお気軽にフォローくださいな♪

 

 

イベント情報 

 

◆【6/26@名古屋】新・占星術×マントラ「天才性の起こし方」

 

木星のプロフィールはこちら→→→


「好きを仕事にするために、イヤだけどやらなきゃ」は本当ですか?


今日は、2017年下半期の流れを、さらにビジネスに特化して見ていきましょう。

 

 

「好きなことを仕事にするために、イヤだけどやらなきゃ」(と思っていること)

 

をピックアップしてください。
先日の記事でそうお伝えしましたが…。

 

経理、営業、集客、接客、顧客管理、企画、発信、環境設備のクリーニング、アイデア出しetc…。

 

イヤなことは人によってさまざま。
ちなみに、ワタクシ木星は企画・アイデア出し・発信、お客様への対応(接客)は大好きですが、他全般まったく好きじゃありません(笑)。

これをピックアップしてどうなるかと言うと…。

 

やらなくても済むよう知恵をしぼり、それでも機能する現実を創り上げる。
空いたスペース・時間を使い、好きなことのスペシャリストになる。

 

これが、2017年下半期の、とっても大きなビジネステーマの一つです。
今からおよそ3年続くと思ってください。

 

ビジネスの流れは、土星・木星から読むのですが、
2017年10月には

 

木星 : 社会で発展するチカラ

蠍座 : 深く深く、やり抜きたい!

 

へ移動。2017年12月半ばには

 

土星 : 社会的構築力

山羊座: さあ、結果だしていくよ!
に移ります。

 

土星は山羊座でもっとも元気に働く星ですから、年末から2年半、フルパワーでわたし達に影響します。

 

新・占星術で読む、土星・山羊座のエネルギーは…

 

夢は忘れるな!
タマシイゆさぶられることを、とにかく具現化しろ!
そのために、不要なものは新発想で片付けろ!

 

です。(笑)
一見すると、射手座っぽいロマンが見え隠れしますが、実際今回の土星・山羊座は、

 

射手座 : 夢を忘れないっ!!

 

のエネルギーが色濃く残っているんですね。
そして、

 

天王星 : 革新・新発想・インターネット・メカニック

 

の影響も強い。

 

その嫌いな作業、システム化、機械化できませんか?
「手作業でやる」って思い込みにはまってない?
その作業、好きで得意な人が他にいるかもよ?

 

といった、「新しい視点」が求められる。
もちろんそのために、人との交渉やシステムの構築、その構築のための下調べなど、「理想の現実化」に向けた努力は必要です。

 

それを地道にやっていくこと。
土星のパワーをふんだんに使おうと思ったら、どうしてもこの「地道さ」は必須です。

 

ちなみに2018年5月には、この天王星が

 

牡羊座 : 勢い・個性
から
牡牛座 : 形あるもの・まとまり

 

へ移行。これに沿って、いわゆる人工知能の発達がここ10年で急進するかもしれません。あらゆるルーティンワーク、創造性を必要としない業務は、機械によって肩代わりされていくでしょう。

 

 

そのためにも
自らの個性・才能を発揮して生きる

 

ことに、全力を尽くしていきましょう。

 

わたし達人間すべてに与えられた「クリエイティブ」という才能を、心とからだいっぱいに形にする。現実に落とし込んでいくそんな具現化がいよいよスタートです。

 

 

 

木星(Jupiter) 
こちらFacebookアカウントお気軽にフォローくださいな♪

 

 

イベント情報 

◆【6/26@名古屋】新・占星術×マントラ「天才性の起こし方」

最新の新・占星術データであなたの天才性を開こう。世界初!マントラ指導者ダケアヤナの「変容マジック」もお楽しみに。
 

 

木星のプロフィールはこちら→→→


【2017年シモ半期!!】新・占星術「インフィニティアストロジー」


2017年下半期、テーマは

 

1)断捨離!
2)主役になる腹をくくれ!
3)次世代の育成

 

とくに次世代育成は、かなり大きなキーワード!

社会での発展のカギにもなるので、要チェックです。

 

1)断捨離! 

~いったい、何を捨てる?~

 

土星 : そぎおとし
天王星 : 空間数学・空間を超える

 

によって4月頃から活発化した断捨離のエネルギー。
7月でピークを過ぎますが、天体の逆戻り運動により緩やかに再熱。

秋まで流れが続きます。

 

この二つの天体に
新・占星術ではとても重要なドラゴンヘッドが参戦。

 

才能開花のために、要らないものは捨てていく

 

そんな下半期となりそうです。
その要らないものとは…

 

【デトックス】身体の中の要らないもの  

【古い思考パターン】もう使えなくなった、囚われているものの見方、考え方 
 

【古い感情のパターン】昔の経験から生まれた思い込み、決めつけ 
 

【人・事・場所】自分の夢の後押しにならない人、仕事、場所

 

土星、天王星、ドラゴンヘッドの三角形は、断捨離と同時に、

 

育成

 

のエネルギーを持ちます。要らないものを捨て、必要なものを育てて、新たな自分を創っていく。

 

在るがままの自分に戻る
今のままでオールオーケー!!

 

と言った感覚は、自己肯定を生み出す上でとても大切なプロセスですが、この下半期は「新たな自分を創る」と言ったエネルギーが、とても強いように感じます。

 

そして、その「自分」を本気で世の中に押し出していきましょう。

 

2)主役になる腹をくくれ! 

~その才能で、世の中に貢献してる?~

 

才能でご飯を食べる。
好きなことを仕事にする。

 

これがまだまだ難しいと思われがちな、日本社会。
けれどビジネスは「社会に役立つ」ものなら必ず成り立つ、という原理があります。

 

社会に役立つ

 

とは、

 

〇〇が無くて困っている人がいる
〇〇を必要とする人がいる
〇〇で、幸せになる人がいる

 

ということ。
自身の才能・生み出すものを、いったいどこの誰が求め、欲しているのかを見極めればいいんです。

 

つまり「本気だせ」と言うこと(笑)
あなたの才能、生み出すものが、誰を幸せにするのかを真剣に考えてください。

 

そもそも断捨離は、人に集中力を与えます。
散らかった部屋が整然としたなら、あなたは以前より勉強や仕事に身が入るはずです。

 

あなたが本気で才能に打ち込むために、

その才能で社会に貢献するために、断捨離がある。

そう考えましょう。

 

そして、
喜びのエネルギーで作りだしたものすべてが、ただそれだけで人を
「ほっとする」
「嬉しくなった」
「こっちまでワクワクしてきた」
となることを、どうか忘れないで
ください。

 

その仕事にとことん打ち込み、その分野のスペシャリストになっていきましょう。

 

3)次世代の育成

~次世代の苗床になれ~

 

 

これは上半期の流れが、かなり深く影響しています。
新・占星術で読む2017年上半期最大のテーマは、

 

過去世・民族意識・祖先霊(DNA)

 

のダイナミックな癒しでした。
過去の清算が終わったなら、次に目を向けるのは今と未来です。

 

今ここに在るあなた自身の才能開花。
そしてその才能を「次世代の育成」のために使っていく。

 

今ここに在るあなた自身の才能開花。
そしてその才能を「次世代の育成」のために使っていく。

 

わたしの感覚では、三つのテーマの中でもっとも大きな力を持つのが「次世代育成」です。

 

今ちまたでは天才児が続々生まれていますね。
現在も連勝を続ける将棋指し四段 藤井聡太さんは異例の14歳。スポーツ界でも卓球、スキージャンプなど、様々な分野で天才児たちが活躍しています。

 

彼らの背後に、まだ眠れる天才児たちがいる。
 

 

わたし達大人は、「彼らを起こす」役割がある。
自分の才能をカタチにし、それを体現し生きることで、その姿を見て、触れて、目覚める子供たちが沢山いる。新・占星術で読むホロスコープには、そんなことが描かれています。

 

大人であるわたし達にとって、若者の台頭はときに脅威です。

 

培ってきた自分の才能。
血のにじむような努力で勝ち得た社会でのポジション。

 

>
けれどどうか、それを「守る」のはなく、次世代に「分け与える」視点に立ってみましょう。
今、その流れが大きく押し寄せてきています。

 

大人であるわたし達は、彼らの育成のための苗床になる。そんな意識で生きることで、ぐっと大きく成長し、飛躍する。

 

2017年上半期は、「育てる」をキーワードに、巨大な爆発点が生まれるかもしれません。

 

木星(Jupiter)
こちらFacebookアカウントお気軽にフォローくださいな♪

 

 

イベント情報 

◆【6/26@名古屋】新・占星術×マントラ「天才性の起こし方」

 

木星のプロフィールはこちら→→→


【6/26@名古屋】新・占星術×マントラ「天才性の起こし方」


新・占星術×マントラ「天才性の起こし方」
————————–————————–—-
ディープなセミプライベートレッスン

◆新・占星術・木星(Jupiter)
~誰も知らない古代の叡智の最新情報・あなたの天才性を知る~
×
◆世界初で唯一のヨガアライアンス認定講師 ・ダケアヤナ
~マントラヨーガで思考ノイズのデトックス・天才性のスペースを作る~

レッスン情報
——————-
6月26日@名古屋
1)11:00-14:00
2)15:00-18:00
最大3名/3Hのセミプライベートレッスンです。
:
:
*新・占星術って?
12星座神話に描かれた、人類がまだ行きついていないもう一つの叡智。
:
:
*通常の占星術となにが違うの?
既存の占星術 ― 自意識・タイプ論・時系列 【男性性】がベース
新・占星術 ― 無意識・全体論・循環 【女性性】がベース
:
:
*新・占星術で何がわかるの?
個人の天才性の育て方と、次元上昇のキーポイントが分かります。
:
:
*今回は何を学べるの?
あなたの月星座と太陽星座を120%フルに使う術。
両者ミックスすることで生まれる、才能の循環方法を伝授
新・占星術最新データ「あなたの天才性」の開花ポイントも。
:
:
*マントラってなに?
4500年口伝で受け継がれたサンスクリット語の聖なる言葉。
:
:
*マントラの効果は?
音の響きを用いる音声療法です。
マントラ瞑想の周波数は、思考の波を鎮めて神経に作用し
パターン化している思考や習慣を変えてくれます。
:
:
*マントラの何を教えてもらえるの?
今回は新・占星術を元に、あなたが天才性を開くために必要な
処方箋としてのマントラを、一つお持ち帰り頂きます。
:
:
<<こんな人にオススメ>>
「天才性」と聞いてワクワクする
「天才性」と聞いて、しり込みする
自分の才能をもっと豊かに発揮したい
没頭する何かを見つけたい
「自分だけの次元上昇」と聞いてワクワクする
自分が持って生まれた星のパワーを知りたい
自分が持って生まれた星のパワーを活かしたい
自分の太陽と月をトコトン活かしていきたい
マントラに興味がある
「音の処方箋」と聞いて、興味が湧く
日常からもっと自分らしくワクワクして生きていきたい
:
:
タイムテーブル
—————
前半: 木星(Jupiter)によるレクチャー
00:00 会場
00:05 スタート・自己紹介
00:10 ダケアヤナによる、マントラ瞑想
00:20 月と太陽のパワーを体感
00:45 月と太陽の循環方法を紐解く
01:00 個々人の天才性・次元上昇のポイントを伝授
01:30 前半終了・休憩
後半: ダケアヤナによるレクチャー
01:40 個人のマントラ指導
03:00 終了

詳  細
———-
価格:
【一般】22,000
過去にダケアヤナの講座・木星のセッションをお受けした方に限り 21,000
お友達割り 20,000/各自

日時:
6月26日@名古屋
1)11:00-14:00
2)15:00-18:00
最大3名/3H

場所:
名古屋市内
*地下鉄沿線上を予定。追ってご連絡致します。
ご予約 :http://draconicgate.net/contact/
まで、必要事項をご記入の上お申込みください。

持ち物: 筆記用具、お水、緩めの着衣

定員:各回ごとに3名
定員になり次第終了です。
:
:
【講師プロフィール】
ダケ アヤナ
—————–
ヨーガインストラクターERYT
プロデューサー・ミュージシャン
THE HEART OF SOUND JAPAN 代表
Yoga Gives Back 日本代表
Wisdom school of Yoga RYS200主催
・心理学・脳科学・音楽やボディーワークを織り交ぜた明快でユーモアたっぷりの講義が人気。
・バレエ団を経てシンガーソングライターに転身。
・芸能活動と共にヨーガのキャリアを重ねインストラクター養成講座を主催する。
:
:
木星(Jupiter)
———————
新・占星術「インフィニティアストロジー」創始者
占星術家
・2017年1月より公開した新・星占術【インフィニティアストロジー】の正式考案者。
・伝統的なホロスコープの読み解きから突然変異。ギリシャ神話分析・心理学・陰陽思想、古代数学、タロット分析などをもとに、まったく新しい最先端の星読みを発掘する
・現在個人鑑定は月10に定め、研究・執筆に力を注ぐ。
:
:
=========
講師よりプレゼント
=========
当レッスンをお受けいただいた方に、下記セッションを特別価格でご提案します!

★木星(Jupiter)からのプレゼント

既存の占星術 × 新・占星術 90分/28000【スカイプ】
(対面ご希望の場合は、名古屋:+2000円 東京:+4000円)

7月30日まで 15000【スカイプ】


新・占星術6月「デリケートな〇〇座さんへ」(2)


◆天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

[デリケートな天秤座さんへ]
神経過敏になりやすく、疲れやすい時期。金属やケミカル素材のものなどにアレルギー反応が出ることも。衣類、パジャマ、シーツなどは素材感のしっくりくるものを選び、夜はできるだけ真っ暗にして眠りましょう。
日中は忙しさなどから早食いになりやすい傾向も。出来るだけ消化の良い物をゆっくり食べて。納豆やヨーグルトなど酵素食品も吉。

 

◆蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

[デリケートな蠍座さんへ]
一人で何かに没頭するうちに、周囲のことを忘れやすい時期です。潜在意識や心理学、夢、金融、バイナリーなどに傾倒しやすく、時に現実から意識が離れてしまうことも。
また親密な相手に深く深く感情移入して、気づくと痛みを肩代わりしている、なんてことも起こりやすい星周りです。
閉じられた場所に居続けないで、パーティや人の集まる場所に顔を出すのも吉。気持ちが切り替わります。食事をおろそかにしやすい時でもあるので、栄養バランスや時間など「規則正しく」を心がけて。

 

◆射手座(11月22日~12月21日生まれ)

[デリケートな射手座さんへ]
性的な欲求と、抽象的な思考が交互に生まれ、気持ちが昂りやすいかもしれません。適度なスポーツをすると気持ちが沈静化し、集中力が維持できます。
直感は鋭い時期ですが、相手の感情をくみ取ろうとしすぎて、時にネガティブな感情がこちらに流れ込んでくることも。「なんだか重い…」と感じたら、ユーモアを味方にして笑いで空気を換えて。

 

◆山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

[デリケートな山羊座さんへ]
疲れが身体に出やすい時期です。普段と同じ仕事量なのに朝起きると、だるい、まだ眠気がとれない。そんなことがあるかもしれません。「良く働き良く休む」は山羊座さんの基本スタイル。今月は残業は控え、休日も岩盤浴やジムなど、身体を動かしたり、デトックスに出かけましょう。
仲間や家族の未来が、どうすればより良くなるかが見えるのに相手がそれを理解しないと、苛立ちがマックスに。そんなときは部屋の掃除やアロマを焚くなど、自分の居場所を心地よくしてみましょう。
心が落ち着き、相手の想いをくむゆとりが生まれ、リラックスできるでしょう。

 

◆水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

[デリケートな水瓶座さんへ]
頭に意識がいきやすく、思考がビジーに。交感神経が活発化するため睡眠不足に陥りやすい時期です。睡眠時間の1時間前にはPCから離れる、携帯を枕元に置かないなど、デジタルに触れない時間を意識的に作りましょう。
眠る前にストレッチする、風呂で足を丁寧にほぐすなど、身体に意識を戻して。

 

◆魚座(2月19日~3月20日生まれ)

[デリケートな魚座さんへ]
相手の感情が内側へ流れ込みやすい時期。相手の意識との境界線がより一層曖昧になっていきます。特に人の身体に触れる仕事をしている方は要注意。触れた後は手を良く洗う、帰宅後は塩風呂に入るなど、ケアを。
相手との物理的な境界線を越えると、特に影響を受けやすい時期。
適度な距離感を心がけて。

 

星起こしのクリスタルヒーラー 木星(Jupiter) ♥

 

 イベント情報 
◆【5/28㈰】『極盛り!秘密の超SNSセミナー』@東京
今こそ認知度アップのとき!そのためにSNSスキルを磨こう!

 

ABOUT木星はこちら→→http://draconicgate.net/