皆に「助けてほしい」こと。出版記念パーティーを終えて。


もう一度、助けて欲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出版記念パーティーを終えて。伝えたいこと。

子どもにも分かる占星術テキスト
『モッくまくんの星のレッスン』。
この物語を日本中の子ども達に届けるために、わたしはまだまだ努力を続けています。
どうか、その力になってください。

「恥ずかしさ」や「ウザったく思われたらどうしよう・・・」と言った、クソみたいなプライド、保身を捨てて、皆さんにお願いします。

もしあなたが、まだこの本を読んでいないなら、どうか手元に取り寄せて、物語だけでも読んでみてください。

あなたが既にこの本を読み、どこかつっかえるところがあったなら、教えてください。

さらに良いものにして、世の中に届け直します。

もしあなたが、この物語に少しでも感動したなら。

アマゾンにレビューを書いてください。

フェイスブックでご感想を書いてください。

必要と感じた方に、紹介してください。

『モッくまくんの星のレッスン』が、広がると感じたなら、雑誌社でも、アニメーターでも、ブロガーさんでも、翻訳家でも、占星術講師でも、どうかこの物語の存在を伝えてください。

わたしにご紹介ください。
どうか、わたしに力を貸してださい。
・・・
・・・
・・・
・・・
始めのうちは、一人で頑張っていたのに、気づけば家族や友人に支えられ、そしてその周囲に新しい仲間が集まって、今があります。

人は夢に向かって本気で走ったとき、こんなにもたくさんの人たちが応援し、助けてくれると言うことを、人生というフィールドで知りました。

人は死ぬときに、お金も物も何も持っていけないけれど、この深い感謝の気持ちは、たましいと共に天に還っていく。
なんだかそんな気がしています。

そして、星の使い方を記した『モッくまくんの星のレッスン』が伝えたいことも、まさにそういうことなのです。

自分を信頼し、たましいの願いに嘘をつかず、人生を走り抜けたとき、世界は美しい色彩に溢れていく。

その小さなヒントとして、星がある。
占星術がある。

子ども達や、迷っている大人たちが、人生をワクワクと共に歩んでいけるヒントが詰まったこの物語を、わたしは世界中に届けたい。
今もそう強く願っています。

皆さんは、もうわたしの仲間です。
このセリフを言うことに、まだちょっぴりだけ勇気がいります。

でも、わたしはやはりそう信じていて、だからまた、何か壁にぶつかったときに、皆さんに声をかけ、そして「助けてください」と言うでしょう。

そのように深く皆さんを信頼できたこと、それほどの愛を与えてくださったこと、心深くから感謝いたします。

最後になりますが、お友達の薦めで、『モッくまくんの星のレッスン』の第一章の1(約16分)を、音源にいたしました。

物語にこめた想いを、少しでも多くの方に届けることができますように。

シェア、拡散大歓迎です。
あなたのブログやコミュニティで、ご紹介も待っています。
あなたが思いつく限りのサポートを、待っています。

たましいの喜びに溢れた美しい世界を、みんなと一緒に創造できること。その日々に、心から感謝して。

………………………………………………………………
占星術家・セラピスト 木星

❤️ モッくまくんの星のレッスン プロローグ【YouTube・動画なし】
https://youtu.be/dPjOIW_FxCo

❤️魔法の占星術テキスト「モッくまくんの星のレッスン」公式サイト
http://moccuma.net/

❤️「モッくまくんの星のレッスン」Amazon書店
https://www.amazon.co.jp/dp/4864878579/


ニセモノと本物


木星さそり座に入ってから

「ニセモノ」「本物」と言う言葉、

良く見かけるようになった。

この言葉が、わたしは好きじゃない。

 

誰もが成長したい。

幸せでありたい。

 

そんな中でもがきつつ、

古い場所に留まる選択をすることも、

きっとある。

「本当に好きなこと」から

恐れによって逃げることもある。

 

だけど同時に。

誰にだって、

その人にとっては

ものすごーく大きな勇気でもって

行動する瞬間が、きっとあるのだ。

成長を比較する。

そこには戦いの匂いがする。

生き方の質、その差を暗にほのめかす。

そこには潜在的な、コントロールがある。

 

立ち止まり続ける人がいるとして、

彼らの可能性を根っから

信頼することが出来るとしたら。

 

自分自身が

ほんのわずかな心のにごりも受け入れて

消化することなんだろう。

 

これだけに、心を傾けていきたいな。

 

それを繰り返したとき、

誰かの人生をニセモノと呼ぶことにも、

きっと反発しなくなる。

ただ多様な人生と、その人なりの

幸せの探求があるんだな、と

世界をもっと優しく見つめられるだろう。

 

ふむ。

人生はこれからだ。

………………………………
占星術家・セラピスト
木星

◆『モッくまくんの星のレッスン』
「即日使える」レベルまでに習得できる、魔法の占星術テキスト
http://moccuma.net/

◆2018年~3年分の星読み【無償の愛と、人工知能】
みずがめ座時代の本質と、その背後にある巨大なテーマを読む。
http://draconicgate.net/marsjupitersaturn/1-70/

facebook2018.5.15投稿記事


まきみき(木星)出版記念パーティー


 

木星(もくせい)こと、まきみきの念願の著書「モッくまくんの星のレッスン」が、いよいよ2018年4月に出版されます\(^o^)/

これを記念して、関東にて出版記念パーティーを開催します

当日はパーティー前の時間に、まきみきの朗読会&月のミニワークもやっちゃいます

まきみきをご存知の方も、ご存知ではない方も、是非ご参加ください

多くの皆様にお会いできることを楽しみにしています!

パーティー運営代表 林 真衣子


6月9日(土)
16:00~17:00 朗読会&月のミニワーク(無料)
17:30~19:30 出版記念パーティー

参加費
7,000円 (本を一冊プレゼント)
※途中参加の場合も、この金額です。

場所
相鉄 希望ヶ丘駅より徒歩3分
Cafe’&BAR Loco Hilo
https://www.facebook.com/LokoHilo/

お申込み
こちらのURLからお願いいたします。
https://goo.gl/KvmBge

 


~この本が完成するまでのストーリー~
(Ccoro Sales LAB.藤島幸恵さんのブログより)

キッカケは、独自の星読みと夢。
その夢から、何だかわからない衝動にかられて2018年に本を出すと決意した彼女は、行動を開始します。

はじめは出版社にアプローチ。
それこそ30社以上の出版社にメールやメッセージを送るものの、無名のもくはほどんど相手にされず。
何社か企画書は見てくれたけど進まず…。

その間も、彼女は書き続けます。

何度も心折れそうになりながら、それでも彼女はあきらめなかった。

営業マンの中でも、ここまで骨のある子なかなかいない。

出版企画が通るが…自費出版を決意

そんなおり、地道に営業を続けていたら、ある出版社が企画を認めてくれて「前向きに検討する。ただ時期はずいぶん先になる」

しかし、どうしても2018年上半期に出したかった。
なんだかわからないけど「今なんだ!」っていう直感。

そして「なぜ絶対に2018年なのか自分自身が知りたい。」という圧倒的な好奇心も手伝い、自費出版を決意。
やりかたは全く分からないまま、未知なる世界に飛び出した。

まず、ここがすごい。
「本を出したいんだけど、これこれこういう理由で難しい。」
とか、
「本を出せたらいいと思うけど、やりかたがわからない。」
とか、出せない理由を並べる人はたくさんいる。

一言で自費出版と言っても、相当大変な道よ。
もくは内なる声に従い、何かに突き動かされるように行動を起こし始めた。
いよいよそうなると、とても一人ではできないと気づく。

関係者と立ち回りながら一人で戦ってきた。

ここまでは序章・・。

自分の殻を脱ぎ捨てる

ここからが、もくのリーダシップ物語の始まり。

多くの人の力を借り、助けを求めるチャレンジでもあった。

何度も訪れる、小さな自分との対峙。
何度も捨てる、小さなプライド。
人に助けを求める事の恐れを手放す。

なるべくお金をかけずに、でも絶対妥協したくない。

商業出版なら、数えきれないくらいの人がかかわる出版プロセス。
執筆も構成も編集も自分でやらなければいけない。
何度も挫折しそうになりながら、それでも

「難しいと思われている占星術を多くの人に届けたい。」
「占いの枠を超え、自分というものを知ることができる、日常で使えるツールを届けたい。」
「私はこれをやるために生まれたんだ!」
その先にあるのは、すべての人が宇宙の叡智とともに幸せに生きる権利があるという信念と想い。

本と同時進行して作った誰にでも簡単に自分の星が読めるサイトは、たくさんに方の助けを借り、通常の10分の1の費用で作成。

こちらがそのホロスコープサイトです。
http://moccuma.net/wp-content/plugins/horoscope/

校正や編集チェックは、Facebookで「お願いします。だれか手伝ってください」と投稿し、共鳴してくださった方々にヘルプをし。(校正は本当に大変な作業・・なんてったって作者は一番見つけられないものなの。何度も何人もがかかわる場所)

この数か月、もくのサイトやFacebookで頻繁に、進捗状況や「助けて」を見かけました。

実は、数年前に私が入っていた10か月のリーダーシップトレーニングプログラムでの一番の学びは「助けてください。」でした。

色々なリーダシップがあるけれど、極限の状態で人に助けを求める。
助けてくれるかどうかもわからない状態で、クソみたいなプライドを手放し心から「あなたの力が必要です。お願い、力を貸して。」それができるのが、リーダーだと学びました。

まさに、もくはそれをし続けた。
誹謗中傷もあったかもしれない。
でも、葛藤しながらも信念をもって行動しつづけた。

そして、世の中で観たこともない本が完成した。
物語とHOW TOが同時進行する構成。

私はこの話を聞いて、まさにリーダーシップストーリーだと思ったんだよね。

こういう物語にワクワクするんだよね。
人間はみんなヒーロー物語が好きらしいです。

誰しもが自分だけのヒーロー物語を持っている

変化や変容は、いつもたった一人から起こるって思っています。
ヒーロー物語は、逆境から始まり、共鳴してくれる仲間がどんどん増えていって、主人公は葛藤し、でも信念に沿って夢をあきらめずに生きる。
途中挫折して、でも仲間はそんな主人公を見捨てない。
そして更に成長した主人公は、立ち上がり、自分の信じた道を仲間と共に切り開いていく。

最近だと、映画『グレイテスト・ショーマン』や『SING』、ドラマの『信長協奏曲』なんかもそう。

『桃太郎』はヒーロー物語の定番ですね。

ヒーロー物語は、リーダーシップストーリーでもあると思っています。
だから感動するし、心揺さぶられる。

リーダーシップストーリーは物語の中だけなく、現実でリアルに起こっているし、誰にでも起こせること。

あきらめない人が好き

覚悟してる人が好き

葛藤してる人が好き

成長しようと頑張る人が好き

信念と想いをもって行動し続ける人を応援したい!

私は、そこを見逃さないで生きていきたいです。