才能は「自分を愛するチカラ」を土台に花開く


昨日は、「『客観性』を一旦手放すことで、真の自己肯定感を手にできる」
そんなお話しでした。

 

クライアントが客観性を失って、誰かを責め立てる時

「…あなたはそう感じるんですね」

と、相手の主観を暗に示す。

 

 

そんなカウンセリングの手法を紹介しましたが、
実はずいぶん以前、自身がセラピーを受けていた時、セラピストのこの対応に、深く傷ついた経験があります。

 

辛い胸の内を語る中で、「あなたはそう感じるんですね…」という冷静な対応に「突き放された」と感じたんですね。
そしてその後に、わたしが行ったことは…。

 

「あのセラピストに『突き放す』なんて意図は無かった。わたしの力を信頼し、あえて言ってくれたんだ」

 

そんな風に、相手の意図、その真意を憶測し、なんとかもやもやする感情を手放そうとすることでした。つまり客観的に「事実」を見極め、よぎる悲しみを戒め続けた。

 

その結果、傷ついた感情をかなり長い間、にぎり続ける。
そんな苦い経験をしたんですね。

 

今回の天秤座満月は、
昔のコミュニケーション、その痛みが、思わぬ形で現れて、心を揺さぶる星の配置。そんな中で、久しぶりに当時の悲しみが蘇ってきました。

 

ただし、天秤座満月の本来のテーマは「才能の萌芽、シックスセンスの兆しを受け入れること」。

この過去の痛みの再体験は、わたし達が自身の才能を握り直すヒントに他なりません。
それを、わたくし木星も体験したわけです。

 

新・占星術で読むわたしの「天才性」は、「潜在意識の汲み取り能力」であり、

 

宇宙の真理
心の仕組み

 

を知る力です。カウンセリング能力は、磨けば輝く質を持っているんですね。

 

そもそもカウンセリングテクニックとは、「診たて」が無ければ用いることはできません。例えば、「このクライアントは、
『第六チャクラ・洞察性』に滞りがある」という診たてです。

 

診たては、セッションのゴールを仮置きすること。ゆえにセッションに一貫性が生まれる良さがあります。

 

けれどセラピストが「診たて」をオートマティックにしてしまうと、視座が高すぎるために、目の前の相手の主観、クライアントの感情を、おざなりにしやすい一面があるんですね。

 

わたしはこの満月で、「診たて」を一旦手放すと決めました。
これが最良のカウンセリングかは、わかりません。

 

けれど現在のわたしがセラピストとして成長するために、大切な一歩と感じています。

 

 

この満月で、心の傷がうずいている方もいるようですが、どうかハートに寄り添って。
 

 

ただ無条件に受け入れることで、その向こうに在るあなたの才能が、キラリと光るはず。
ご自身のハートの筋力と、命のポテンシャルをどうか信頼してみましょう。応援しています

 

 

星起こしのクリスタルヒーラー 木星(Jupiter) ♥

 

 

まずはフォローからお願いします(‘-^*)/

 

 

 イベント情報 

◆【4/16㈰@名古屋・村元里弥プレゼンツ】《夢分析》が好き過ぎる木星jupiterの変態お話会💖

◆【6月@東京5月@名古屋】自分の星を生きる!天体クリスタルヒーリング個人セッション募集
自分の星をクリスタルに転写。魅力と才能を最大限に花開く、パワフルなエネルギーヒーリングです。

◆【5月スカイプ】「気づきの占星術セッション個人鑑定募集
あなたのホロスコープに刻まれた才能・魅力を、体感から知る占星術個人鑑定です。(新・占星術「インフィニティアストロジー」鑑定ではありません)

木星のプロフィールはこちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です