ニセモノと本物


木星さそり座に入ってから

「ニセモノ」「本物」と言う言葉、

良く見かけるようになった。

この言葉が、わたしは好きじゃない。

 

誰もが成長したい。

幸せでありたい。

 

そんな中でもがきつつ、

古い場所に留まる選択をすることも、

きっとある。

「本当に好きなこと」から

恐れによって逃げることもある。

 

だけど同時に。

誰にだって、

その人にとっては

ものすごーく大きな勇気でもって

行動する瞬間が、きっとあるのだ。

成長を比較する。

そこには戦いの匂いがする。

生き方の質、その差を暗にほのめかす。

そこには潜在的な、コントロールがある。

 

立ち止まり続ける人がいるとして、

彼らの可能性を根っから

信頼することが出来るとしたら。

 

自分自身が

ほんのわずかな心のにごりも受け入れて

消化することなんだろう。

 

これだけに、心を傾けていきたいな。

 

それを繰り返したとき、

誰かの人生をニセモノと呼ぶことにも、

きっと反発しなくなる。

ただ多様な人生と、その人なりの

幸せの探求があるんだな、と

世界をもっと優しく見つめられるだろう。

 

ふむ。

人生はこれからだ。

………………………………
占星術家・セラピスト
木星

◆『モッくまくんの星のレッスン』
「即日使える」レベルまでに習得できる、魔法の占星術テキスト
http://moccuma.net/

◆2018年~3年分の星読み【無償の愛と、人工知能】
みずがめ座時代の本質と、その背後にある巨大なテーマを読む。
http://draconicgate.net/marsjupitersaturn/1-70/

facebook2018.5.15投稿記事


エネルギーアタックと、愛といたわりと


最近少し悩んでいること。
それがエネルギーアタックです。

.

エネルギーアタックとは、人の感情(怒りや批判、嫉妬など)の矛先が他者に向けられて生じる、攻撃的なエネルギーのこと。
念とか、分霊(ぶんれい)といった言葉で表現されることもあります。

.

エネルギーアタックは、しいて言えば大きく二種類に分けられます。

◆女性的な質がネガティブに転じたもの

(恨み、嫉妬、落ちてしまえばいいと願う感情など)

は、子宮の強烈な痛み、生理痛の激化、背中にべたっと張り付くようなダルさ、強い肩こり、身体の冷え、強い眠気、感覚的な判断力の低下などを引き起こします。

◆男性的な質がネガティブに転じたもの

(批判、怒り、~すべきではない、お前が間違っている!といった感情など)

は、首回りに差し込むような痛み。背中にチクチクと剣山が刺さるような感覚。腰痛。直感的な判断力の低下などを引き起こします。

わたしはセラピストでもあり、人の感情やエネルギーを扱う仕事をしているので、こうしたものに敏感です。

時にはアタックの元をたどり、「ああ、今〇〇さんが来てるな…」と識別することも。

 

そのエネルギーアタックが最近激化していて、一時は寝込んでしまうこともありました。

 

けれど、彼らの感情をしっかりと感じてみると…。

 

例えば嫉妬の感情であるなら、わたし自身の根底にも「嫉妬心」と呼べるものがあると、気づくんですね。

 

嫉妬とは、
自分と相手を引き比べて、相手を妬ましく思う感情です。その背後には、比較意識がある。

これが、自分の奥にもずっとある。
と気づいたんですね。

逆に言うと、こうした感情があるから彼らの思念と、まるでラジオのチャンネルを合わせるように、ぴたっとシンクロしてしまう。

結果、深刻な身体不良を巻き起こしたり…。
彼らと同じような批判感情や妬みが、他の誰かにふっと沸いてしまう、なんてことが起こります。

.

「もうー。いい加減にして!」
と言いたくなるような状態ですが、実はこれ、わたし達にリッチな学びを与えてくれています。

.

エネルギーアタックは、その感情の重さを数値化した場合、仮に
送り主が100、
自分が5
くらいの開きがあったとしても…。
彼らの念の存在により、自分の5レベルの感情が、ルーペで拡大するように体感できるんですね。

.

つまり、ほとんど無自覚であったり、無かったことにしていた感情に気づけるチャンスなんです。

.

エネルギーアタックの対処方法はいくつかあります。
わたしが採用している方法をお伝えすると…。

◆相手方に伝えること

1)「わたしの中にある比較意識・嫉妬心に気づかせてくれてありがとうね」と感謝を伝える。

.
2)「そう感じているんだね…。でも、あなたには〇〇な風に素晴らしいところがあるよ。わたしはそれを知っているよ」と相手の素晴らしさを伝える。

.
3)「どうか〇〇さんが自分のところに戻って、自分らしいお仕事に従事できますように」と、高次の存在に祈る。

.

そしてもう一つ、自分自身の感情にもフォーカスします。実はこれも、とても大切。

◆自分自身に伝えること

1)「気づかなかったよ…。まだ誰かと比べてしまう感情があるんだね。…そこに居ていいよ」と、ネガティブな感情を受け入れる。それをじっくり感じたなら…。

.
2)「お前の大切にしたいことは、なあに?」と尋ねて、温かい言葉が戻ってきたら、その感情を味わう。

.

とは言え、時にかなり深刻な身体不良を引き起こすこともあるエネルギーアタック。上記の対処が可能な程度に、自分の身を守ることも大切です。

◆物理的な対処

1)鉱物を利用する
ヘマタイト、オブシディアンを左右の両ポケットに入れて持ち歩く

.
2)塩を常備
時々舐めるとよし

.
3)水風呂
エネルギーがはがれて、かなり楽になります。

.

エネルギーアタックを豊かな学びに代えるために。
どうかご参考にしていただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・
木星(もくせい)

◆『モッくまくんの星のレッスン』
「即日使える」レベルまでに習得できる、魔法の占星術テキスト
http://moccuma.net/

◆2018年~3年分の星読み【無性の愛と、人工知能】
みずがめ座時代の本質と、その背後にある巨大なテーマを読む。
http://draconicgate.net/marsjupitersaturn/1-70/


たった300人のFBフレンドから始まった、奇跡のファンディング


『モッくまくんの星のレッスン』は、独学では難しいと言われる西洋占星術を、14歳くらいの子どもにも分かるようカラー図解と物語を組み合わせつづった、児童書およびマスター本です。
「夢」を持つことの美しさを描いたこの物語を、日本中の子ども達に届けたい。どうか皆さんの力を貸してください。(2018年4月21日出版予定)

ファンディングのページへ▶︎▶︎▶︎
 *当ファンディングは終了いたしました。

 

「子どもにも分かる占星術」を日本中の子ども達に伝えたい!!【クラウドファンディング】。
2018年4月20日をもちまして、無事終了いたしました。
結果は…。

 

現在まだお振込みを頂いていないものも含んでいます。

 

本当に、予想もしていなかった大きな結果に震える想いです。

皆さんの応援に心から感謝いたします。

 

今からおよそ2カ月前のこと。
著書『モッくまくんの星のレッスン』の添削をお願いした仲間たちに、わたしはこんなメッセージをしていました。
.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日無事、入稿致しました!

皆さんの励ましや、細やかなチェックにとてもとても助けられました。

編集社さんに何十件とご相談しても、原稿すら読んでもらえない日が続いて、へこたれそうになったことが何度もありました。

自分では良い物を作ったつもりだったけど、独りよがりだったんだろうか…

そう感じて、泣きながら眠った夜がいくつもあります。

添削という形で皆さんのお力をお借りする中で、思いがけず沢山のご感想や感動の想いを聞かせていただき、本当に勇気になりました。

この物語を待っている人たちがいるんだ!

という書き出した当初の自信と情熱が、またフツフツと湧き上がってきました。

これから印刷するにあたって、わたしはクラウドファンディングで費用を集めます。

これも実はものすごく怖かった。

誰も賛同してくれなかったら、どうしよう…。

そんな不安がいつもよぎりました。

これはわたしの星の課題で、「チーム戦が怖い」「仲間を信頼するのが怖い」というテーマがずっとあったんですね。

でも、この場所で「みんな応援してくれているんだ!」「仲間がいっぱいいるんだ!」と心から思うことができました。

今、書きながら震えていますが…(笑)。

出版までもう少し。

どうか引き続き温かく見守ってください。 皆さん、本当にありがとうございました。

もく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

.
本当に、怖かったんです。

自分の未熟さから起こったことではあるのだけれど、過去に仲間と思った相手を失う経験を幾度もして、誰かを、世界を信頼するのが怖かった。
正直言うと、今でもちょっぴり怖いです。

 

けれど、「世界を信頼する」ことを、勇気を持ってもう一度チャレンジしたことで、わたしはかけがえのないプレゼントを、皆さんからいただきました。

支援金ももちろん、そのプレゼントに含まれています。
出版事業はこの先を見ても、大変お金が必要ですから、このご支援金が本当に力になりました。

でもそれと同じくらいに、皆さんが届けてくれた数々のメッセージに励まされました。
その一部を、どうかこちらで紹介させてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

本、とても感動します。
この世に生み出してくれて ありがとうございます。
ほんとに世の中に広まって欲しい。
こどもたちが どんな 自分も愛せて 笑顔でいて欲しい。夢を持って キラキラ輝いていて欲しい。
きっと、笑顔が拡がって 豊かな国に世界になってくれると思う。

(朗読会に参加して、先だって本をお取り寄せ下さった方です)

・・・・・・・・・・・・・・・

昨日振込をした時、とても幸せな気持ちに包まれました。
お金を使うということが、こんなに嬉しいと思えたのは久しぶりでした。
この様な体験を与えて頂き、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・

値段設定の話、読みました。
2万部、届けるお手伝い
わたしもしたいし、この本をひろめたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・

相談してくれてありがとう。
去年踊り舞いで まだ寄付してなかったお金を循環させます。
微力ながら いつも応援してるよ。 夢が叶いますように、祈ってるからね^^

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

この他にも、熱く、思いやりのあるメッセージを寄せて下さった58人のパトロンさまに、心から「ありがとう」とお伝えしたいです。

このクラウドファンディングは、お友達の数が300人に満たない、わたし個人のFacebookを頼りに始まりました。

パトロンさまのうち、およそ2割はご面識の無い方たち。また3割の方が、1~2度しかお会いしたことの無い方たちです。

そんな中で、こんなにも温かな、勇気をもたらすご支援を頂けたことは「世界の優しさ」を肌で感じる、素晴らしい経験となりました。

.

少し大げさかもしれませんが、私には、小さな奇跡と感じました。

.

そして…。
ブログもメルマガもline@も、何もしていなくても、「繋がり」が300人に満たなくとも、たましいの深くから溢れる情熱さえあれば、沢山の人たちが助けてくれることを知りました。

.

もしどこかで、「繋がり」や「知名度」を他の誰かと比べてしまい、「自分にはできない」「応援してくれるほどの仲間がいない」と感じている人がいるなら…。

.

どうか勇気を持って、何か一つ行動してみて欲しいと思います。

.

世界はわたし達が思っているよりずっと温かで、優しいのだということを、身を持って知る事ができる。
そんな素晴らしい体験が、あなたを待っている。

.
そう信じています。

.

最後になりますが、パトロンの方たちを初め、Facebookなどでいつも声をかけて下さる皆さま、陰ひなたになって支えてくれる身近な友人たちに、心から感謝を申し上げます。

.
どうか今後とも、温かい目でお見守りいただけますよう、お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『モッくまくんの星のレッスン』を、日本中の子ども達に届けるために。
響いたら、どうかシェアを。

.
『モッくまくんの星のレッスン』
独学では難しいと言われる占星術が、「即日使える」ようになる魔法のテキスト。

.

ブログ3年分の星読み「無償の愛と、人工知能」
みずがめ座時代の本質と、その背後にある巨大なテーマを知る。2018年~2020年まで。

.

木星(もくせい)
占星術家・セラピスト

お友達が撮ってくれた『モッくまくんの星のレッスン』

当クラウドファンディングは、2018年3月16日から4月20日までmakimiki.netのサイトにて実施されました。

同内容のファンディングをCAMPFIREさまでも実施いたしましたが、自サイトを優先し拡散したこともあり、残念ながらご支援はありませんでした。


まきみき(木星)出版記念パーティー


 

木星(もくせい)こと、まきみきの念願の著書「モッくまくんの星のレッスン」が、いよいよ2018年4月に出版されます\(^o^)/

これを記念して、関東にて出版記念パーティーを開催します

当日はパーティー前の時間に、まきみきの朗読会&月のミニワークもやっちゃいます

まきみきをご存知の方も、ご存知ではない方も、是非ご参加ください

多くの皆様にお会いできることを楽しみにしています!

パーティー運営代表 林 真衣子


6月9日(土)
16:00~17:00 朗読会&月のミニワーク(無料)
17:30~19:30 出版記念パーティー

参加費
7,000円 (本を一冊プレゼント)
※途中参加の場合も、この金額です。

場所
相鉄 希望ヶ丘駅より徒歩3分
Cafe’&BAR Loco Hilo
https://www.facebook.com/LokoHilo/

お申込み
こちらのURLからお願いいたします。
https://goo.gl/KvmBge

 


~この本が完成するまでのストーリー~
(Ccoro Sales LAB.藤島幸恵さんのブログより)

キッカケは、独自の星読みと夢。
その夢から、何だかわからない衝動にかられて2018年に本を出すと決意した彼女は、行動を開始します。

はじめは出版社にアプローチ。
それこそ30社以上の出版社にメールやメッセージを送るものの、無名のもくはほどんど相手にされず。
何社か企画書は見てくれたけど進まず…。

その間も、彼女は書き続けます。

何度も心折れそうになりながら、それでも彼女はあきらめなかった。

営業マンの中でも、ここまで骨のある子なかなかいない。

出版企画が通るが…自費出版を決意

そんなおり、地道に営業を続けていたら、ある出版社が企画を認めてくれて「前向きに検討する。ただ時期はずいぶん先になる」

しかし、どうしても2018年上半期に出したかった。
なんだかわからないけど「今なんだ!」っていう直感。

そして「なぜ絶対に2018年なのか自分自身が知りたい。」という圧倒的な好奇心も手伝い、自費出版を決意。
やりかたは全く分からないまま、未知なる世界に飛び出した。

まず、ここがすごい。
「本を出したいんだけど、これこれこういう理由で難しい。」
とか、
「本を出せたらいいと思うけど、やりかたがわからない。」
とか、出せない理由を並べる人はたくさんいる。

一言で自費出版と言っても、相当大変な道よ。
もくは内なる声に従い、何かに突き動かされるように行動を起こし始めた。
いよいよそうなると、とても一人ではできないと気づく。

関係者と立ち回りながら一人で戦ってきた。

ここまでは序章・・。

自分の殻を脱ぎ捨てる

ここからが、もくのリーダシップ物語の始まり。

多くの人の力を借り、助けを求めるチャレンジでもあった。

何度も訪れる、小さな自分との対峙。
何度も捨てる、小さなプライド。
人に助けを求める事の恐れを手放す。

なるべくお金をかけずに、でも絶対妥協したくない。

商業出版なら、数えきれないくらいの人がかかわる出版プロセス。
執筆も構成も編集も自分でやらなければいけない。
何度も挫折しそうになりながら、それでも

「難しいと思われている占星術を多くの人に届けたい。」
「占いの枠を超え、自分というものを知ることができる、日常で使えるツールを届けたい。」
「私はこれをやるために生まれたんだ!」
その先にあるのは、すべての人が宇宙の叡智とともに幸せに生きる権利があるという信念と想い。

本と同時進行して作った誰にでも簡単に自分の星が読めるサイトは、たくさんに方の助けを借り、通常の10分の1の費用で作成。

こちらがそのホロスコープサイトです。
http://moccuma.net/wp-content/plugins/horoscope/

校正や編集チェックは、Facebookで「お願いします。だれか手伝ってください」と投稿し、共鳴してくださった方々にヘルプをし。(校正は本当に大変な作業・・なんてったって作者は一番見つけられないものなの。何度も何人もがかかわる場所)

この数か月、もくのサイトやFacebookで頻繁に、進捗状況や「助けて」を見かけました。

実は、数年前に私が入っていた10か月のリーダーシップトレーニングプログラムでの一番の学びは「助けてください。」でした。

色々なリーダシップがあるけれど、極限の状態で人に助けを求める。
助けてくれるかどうかもわからない状態で、クソみたいなプライドを手放し心から「あなたの力が必要です。お願い、力を貸して。」それができるのが、リーダーだと学びました。

まさに、もくはそれをし続けた。
誹謗中傷もあったかもしれない。
でも、葛藤しながらも信念をもって行動しつづけた。

そして、世の中で観たこともない本が完成した。
物語とHOW TOが同時進行する構成。

私はこの話を聞いて、まさにリーダーシップストーリーだと思ったんだよね。

こういう物語にワクワクするんだよね。
人間はみんなヒーロー物語が好きらしいです。

誰しもが自分だけのヒーロー物語を持っている

変化や変容は、いつもたった一人から起こるって思っています。
ヒーロー物語は、逆境から始まり、共鳴してくれる仲間がどんどん増えていって、主人公は葛藤し、でも信念に沿って夢をあきらめずに生きる。
途中挫折して、でも仲間はそんな主人公を見捨てない。
そして更に成長した主人公は、立ち上がり、自分の信じた道を仲間と共に切り開いていく。

最近だと、映画『グレイテスト・ショーマン』や『SING』、ドラマの『信長協奏曲』なんかもそう。

『桃太郎』はヒーロー物語の定番ですね。

ヒーロー物語は、リーダーシップストーリーでもあると思っています。
だから感動するし、心揺さぶられる。

リーダーシップストーリーは物語の中だけなく、現実でリアルに起こっているし、誰にでも起こせること。

あきらめない人が好き

覚悟してる人が好き

葛藤してる人が好き

成長しようと頑張る人が好き

信念と想いをもって行動し続ける人を応援したい!

私は、そこを見逃さないで生きていきたいです。


土星やぎ座 「大好きなことで職人になれ!」の理由


3年分の星読み「無償の愛と人工知能」のつづきです。

土星やぎ座2017年12月から始まった「大好きなことで職人になれ!」のテーマ。なぜそれが、そんなに大事?と言うお話。

 

実はこのテーマは、5月に天王星がおうし座に入り、いよいよ人工知能が社会で具現化していくことに関係しています。

簡単に言うと、「30年後にはほとんどの職業が無くなる」と言われるあれ。
星の流れで見るともっと早くて、この10年で、人から機械に以降する仕事は加速的に倍増するでしょう。

 

好きではないけど得意
二番目に好きかも

 

のレベルだと、人工知能に持っていかれるんですね。

 

「それって大好きなことでも同じじゃない?」と問いがあるかも。答えはNo。

 

人工知能は精度、コスパともに人間を上回ることは多い。けれどたった一つ、人には及ばないことがある。

 

それは、受取手の心を震わせること。
感動を届けること。

 

人は、あなたの「大好きで大好きでしょーがないっ!」「だから、がんばる!」「努力を努力と感じない!むしろ喜び!生きてるって感じるんだ!」のエネルギーに感動する。

それはあなたが「たましいからやりたいこと」をとことん取り組むことから、始まるんですね。

土星やぎ座時代はまだ2年続きますが、実質的には2019年いっぱいまでと考えて。何故ならね。2020年1月にはやぎ座にいる冥王星と、土星がピッタリ重なる。

 

 

冥王星は、キビシイ教師。「社会的な立場」や「今まで築き上げたもの」には、全く興味ありません。

あなたのたましいが本気で取り組んだもの以外、壊してしまう、子どものようなピュアなエネルギーなんですね。

 

この時期までにどうか、しっかりと自分の本音に向き合って、大好きなことを一途にやりきって。

 

土星は、具現化の星ですから、コツコツ続ければ必ず「形あるもの」を残してくれます。2年後には、あなたの大好きは確固たるいしずえを築き、盤石なものとなっているはず。楽しんで♪

 

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使い行っています。


「しいたげられた者たちの声」みずがめ座日食


2月16日はみずはめ座の日食です。今回の日食はちょっと重めなテーマで、およそ1年間社会の背後で影響します。

 この日のみずがめ座の日食は、人類レベルの「たましいの使命」を示します。このエネルギーはどうやら1年は続くよう。キーワードは「権利の主張」。社会で、あるいは所属の組織や親族内で、本来、堂々と通るずだった、あなたの「権利」をもう一度見つめ直すとき。

 

実はこの流れは、5月の天王星、おうし座入りの裏テーマでもあります。
みずがめ座と天王星は仲が良いので、この日食に影響が出ているんですね。

 

この一年は、災害や法、制度、常識に押しつぶされた人々が、もう一度立ち上がり声を上げる、と言った深いテーマが社会の背後にあるのです。

個人の中にも、大なり小なり「奪われた権利」と呼べるものがあり、それを所属の場所で、主張していく

同時に、過剰に「権利を侵害された!」「自分の立場があやうくなった!」と感じやすい面もあるのですが、いずれにせよその感情の奥にある「あなたの守りたいもの」を、見極めることが大切です

これは3年分の星読みで触れた、10年越しの巨大なテーマ「無償の愛」にも関連しています。2018年11月には、木星がいて座へ。ここでの木星のテーマは「形なきものの発展」です。

 

 

木星が司る「社会での発展力」は、2018年11月から「無形のなにか」に変わっていく。お金や地位といった、目に見えるものの発展は、少し休憩といった印象があります。

木星は「善良さ」がベースにあるため、いわゆる性善説に基づいた人類の成長を、裏テーマとして持つことが多いのです。

これが、2018年11月以降いて座に入り、より色濃く表れていく。

具体的にはチャリティーや、弱き立場の人たちへのサポートに取り組むことで、木星らしい心の豊かさを得ることができます。さらに、その志と行動により、真に社会から必要とされる人物へと成長していくでしょう。

一方で、土星のやぎ座も効いていますから「心から好きなことで、しっかり稼ぐ」ことも大事。

無償の愛は、それだけに終始すれば自己犠牲をともないます。
その点を、「わたしの職人仕事に、きちんとお金を払ってね!」と言った土星のシビアさが補ってくれている。

年末ごろから、チャリティー、無償のサポートを、心の底から喜びベースでするために。今この時期に「好きなことで、きちんと稼げる」基盤を作ること。

そのモチベーションの根底には、みずがめ座日食が示す「権利の主張」があるのかもしれません。

まずはあなたが取りこぼした、あなた自身の大切な権利を、じっくり見つめるところから始めましょう。

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使い行っています。


3年分の星読み【無償の愛と人工知能】2.


昨日の記事から続いて、いよいよ2018年の流れを紐解いていきます。
わたしの星読みは、人類の潜在ニーズを読んでいきます。そのため、来年以降、一体何が流行し、何が発展のカギになるかも割に細かく書くことができます。お仕事などにも、ぜひご活用ください。

「無償の愛」
「みずがめ座×しし座」時代からすると、一見使い古された感のあるこのテーマ。実は2018年と言わず、およそ10年は続く根底的なテーマです。

まずは、今年の大まかな星の流れを見ていきましょう。

◆2018年5月天王星がおうし座へ

およそ7年、同じサインに留まる天王星。今回の天王星は、実は水星と深いつながりがあります。


「情報」「デジタル」「お金」に対する古い慣習を破壊。
神秘的な原理を取り入れて生まれた、新たな理論体系が「お金」「物」を生む。

そんな流れが存在します。
実は2011年から始まった、おひつじ座・天王星の7年間も水星との繋がりが強く「情報」「デジタル」「お金」の変革が、水面下で始まっていました。ただこの時期はまだ「絵にかいた餅」だった。原理的にはお金・豊かさを生む。けれどまだ、机上の空論。

そんな沈黙の7年間だったんですね。

具体的には、仮想通貨、人工知能、そして手前みそですが、わたくし木星が研究中の新占星術「∞アストロジー」</span has not>もこれに当たります。

現在2017年の大晦日で、ビットコインが大幅下落している最中のため、ドキドキしながら書いていますが(笑)、恐らく仮想通貨は2018年以降、現実的に「使える」ようになっていく。投資や株と同様に、個人を超えて、企業がこれを取り入れていくでしょう。

もし仮想通貨がこうした発展を遂げなくとも、2017年現在で、過去7年間に「机上の空論」だったマネー原理が台頭し、「金の卵」に化ける可能性は非常に高い。そうしたものに心当たりがあるなら投資をおススメします。

人工知能は既にテレビコマーシャルでも耳にするようになり、具現化が加速しています。実はここに、電子工学の範囲を超えて、スピリチュアルな概念が加わる可能性がある。これは非常に面白いことです。

◆2017年12月20日 土星がやぎ座へ。2020年3月まで。

既に「モッくまくんの星のダイアリーOn twitter」でも触れましたが、土星、最大のテーマはこれ。

得意なこと、二番目に好きなことに逃げず、大好きなことをとことん形にせよ。

実を言うと、2018〜2019年は下克上の年。業界でトップを独走していたのに、突じょ足をすくわれる。右肩上がりだったビジネスが急降下する。まったく無名だった人間がスターになる、ミリオネアになる。こうしたことが、バッタンバッタン起こるはず(笑)。

これは天王星の流れも関係していて、日陰で研究中だった理論が「使える状態」で世の中に出てくるため。その瞬間、レギュラー交代となりやすい。特に、情報・ビジネス・神秘哲学・スピリチュアル・考古学・マネー理論・電子工学・宇宙物理学などの分野で起こりやすいでしょう。

仮にあなたがトップ独走者だったとして。「誰に追い抜かれても、業績が落ちても、情熱は変わらない?本当にそれが好き?」この二年半、土星はそんな問いを、激しくあなたに投げかけてくるはずです。

没頭していたのは、成功者でいられたから。注目されなく無くなった今、意欲が失われてしまった。

そう気づいたのなら、すぐにでも「本当に大好きなこと」を探してください。過去の栄光を取り戻すため、魂の喜びでないものにしがみついているのは、時間の空費です。また、星が応援していない。
星を味方にすることは、結果的にあなたをイキイキと、満ち足りた状態へと導きます。どうかそれを忘れないで。

◆2017年10月 木星がさそり座へ。2018年11月まで。

木星、最大のテーマは、既に半年前からお伝えしている通り、

子どもにも分かるスピリチュアル。ネットを活用しつつも、最終的なヒットポイントは出版業界にあり。

です。

実はスピリチュアルだけでなく、見えないもの、隠れているもの全般です。心理学・霊的なもの・エネルギー・量子力学・菌・酵素・性的なこと・内臓、下(便・尿)に関することなど。アート業界もヒットを呼びやすく、その場合は写真集や画集などを手掛けると良いでしょう。写真が専門なら、工夫を凝らした図鑑などもオススメです。

大切なのは、子ども目線。小学生から中学生くらいの相手にも分かるように記すことで、爆発的なヒットが期待できます。

わたしは現在「子どもにも分かる占星術」の物語をしたため、出版社を廻っています。実は、これを手掛けた最初の理由が、木星さそり座の星読みでした。初めは「一発当ててやるか」みたいな、こしゃくなマインドだったワケです(笑)。

けれど、天王星・土星・木星の背後にある、長期的なテーマ「無償の愛」が影響し、執筆の途中から、あらゆるビジネスマインドがすっかり喪失してしまいました。

世界中で待っている子ども達に、伝えたい。彼らのために身を粉にして働きたい。そんな感情が溢れ出てきました。うお座時代で使い古された「無償の愛」がリニューアルし復活した。そんな印象でした。
実はここ、とても大切なポイントです。

◆ここ10年は続く「無償の愛」と言うテーマ

「無償の愛」とは、言い換えると「次世代の育成」です。特にそれは、彼らの心の育成なのです。「みずがめ座×しし座」時代を生きるわたし達は、たましいからの喜びに従って生き、一人一人がスターになることを求められています。それが時代の要請です。

そしてそれをやりきった時、わたし達はもう一度、うお座の真骨頂「無償の愛」を体現する。2000年もかけて「うお座×おとめ座」時代を生き抜いてきた人類。そこで培った経験と知恵は、わたし達のDNAに刻まれています。

まずは自分に立ち還り、自身が主役になることを全うした時。2000年間刻まれ続けたうお座の「無償の愛」・おとめ座の「奉仕の心」が、自動的に起動し始めるのです。

そしてそれは、「次世代の教師」となるための大切なプロセス。
何故ならば、宇宙が与えた若い世代へのハードルが、人工知能・AIだからです。

子ども達が大人になる中で「抑圧されてでもしたい、何か」に気づくために用意されたハードル。それが、人工知能の役割の裏面です。この人工知能に、「使われる者」になるのでは無く「使う者」になるために。もっとも大切なことが、心の教育なのです。

そのために必要なのは、道徳や倫理の教育ではありません。子ども達の心に感動を届けること。

わたし達大人が、しし座的な人生を全うし、たましいの喜びから生きたとき、若い世代はその姿を見て、心を震わせる。

一方、大人であるわたし達は、しし座をやりきったその先に、「無償の愛」を獲得します。それは一昔前の、自己犠牲をベースにした痛みを伴う愛ではなく、命の喜びから生まれた、枯れることの無い愛なのです。

この2年間の木星・土星は「下克上」のテーマが背後にあると言いました。

それは、「たとえ次世代に抜かれても、彼らを祝福できるほどに、悔いなく自分を生きているか」を、試されているとも言えるでしょう。「次世代に抜かれる」経験で、葛藤や嫉妬、自己否定感を強く味わったなら。その感情がどこから生まれてくるのか、どうかとことん、見つめてください。

その奥に、たましいレベルの才能が花開く、大きなヒントが隠されています。
これもまた、深遠な宇宙からのギフトなのです。

 

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使い行っています。


3年分の星読み【無償の愛と人工知能】1


2018年から2020年のテーマは「無償の愛と、AI」。字づらでかけてみました(笑)。

ただその前に、大切なこと。今わたし達が生きているこの時代は、2000年周期で訪れる、巨大な過渡期であることをお話ししましょう。

◆みずがめ座時代って、いったいなんだ!
「みずがめ座時代」と言う言葉。どこかで聞き覚えのある方も多いはず。今わたし達は、うお座時代からみずがめ座時代へと移り変わろうとしています。

これは、占星術が生まれた約2000年前。春分点の位置を、おひつじ座0度と定めたことにさかのぼります。春分点の位置は地球の自転軸の運動により、実は少しずつずれていく。その結果、今現在は、おひつじ座0度からうお座を通過し、みずがめ座のサインに入ったと言われています。

文章だけでは分かりづらいので、盟友・木星人のモッくまくんの力を借りて、図解してみましょう。


おひつじ座0度は、12サインのスタート地点。つまりそれは「人の原点」を示します。春分点がうお座に在ったこの2000年は、うお座の象徴する宗教・神秘・利他性・無償の愛・自己犠牲・受容・依存・皆が一緒・同一化・セラピー・トラウマ・弱者支援・自然回帰などがテーマにあった。

ただし。うお座だけに注目すると、見逃すリアリティがあります。それは、うお座の対向にあるおとめ座です。

元々占星術は、二元論を軸にしています。男と女。太陽と月。社会と個人…。こうした二つの視点でうお座時代を見る時、対向のおとめ座は重要です。同時に今現在、始まったばかりのみずがめ座時代も、対向にあるしし座が背後で力を振るっています。図解してみましょう。

うお座時代・みずがめ座時代の象徴が「宇宙が示したテーマ」なら。おとめ座・しし座は「大地のテーマ」。わたし達の現実社会に、目に見える形でより反映します。

うお座時代の初期はキリストが誕生した時期。そこから宗教をベースにした社会が、世界中で具現化されていきました。国家間の紛争や、政治的・経済的な抗争は、背後に宗教の問題が潜んでいることは周知の通りです。

もう少し身近な話題で言えば、例えば10年くらい前までは、セラピーや弱者支援などに従事する人は「無償でやる」「限りなく安値でやる」なんて方が「本物」と言われた。

どんなに大きな結果を出しても、高額なお金を請求したとたん「アヤシイ人」の烙印(らくいん)を押された。けれど最近の傾向は、むしろ逆。しし座のテーマが前に出て、妙な話ですが、さほどクオリティが高くなくともその人のキャラクター、人生が魅力的なら、人々はこぞって彼らのサービスを受けるようになりました。

つまり「利他的に、限りなく廉価で、良い物を提供する人」よりも、少々エゴイスティックでも「魅力いっぱいに、自分が大好きな商品を、そこそこの精度で、高額に提供している人」に、人が集まるようになった(笑)。前者はおとめ座的な仕事の仕方。後者はしし座的と言えます。

ここに、おとめ座からしし座への、時代の移行があるんですね。

何だか、理不尽なようにも感じる流れですが、「個を抑えて、社会に奉仕しようとする」おとめ座的な姿勢は、物理的にはクオリティが高くとも、時代の流れを味方にした、フレッシュなエネルギーに欠けています。人がしし座的な人物からサービスや商品を買うのは、内容以前に、彼らの新しいエネルギーに魅了されているからなんですね。

時代が生み出すパワーとは、それほど巨大なのです。

◆この時代。わたし達は、スターになるために生まれてきた?
「うお座×おとめ座」のテーマは、まだまだあります。
うお座が生み出した「宗教・受容」の世界観は、結果的に「依存・支配」を生み出しました。テーマの鮮度が最も高いのはスタートの時期。そして最盛期は1000年ほどたった中ほどですから、後半のここ数十年は伸びしろを完全に失い、「うお座×おとめ座」の、弊害ばかりが目立つようになっていました。

それが、おとめ座による「個の抑圧」と、それを「管理、支配する国家や社会」といった構図です。

教育は無機質でマニュアル的な内容を中心とし、企業は個人の個性化よりも、ルーティンワークを正確にこなせる者を求めました。何故なら、そちらの方が管理しやすかったから。

このように書くと「社会に問題があったのだ」と発想する人も多いでしょうが、実はそれほど短絡的なことではなく「わたし達人類が、潜在的にこれを求めていた」ということなのです。

社会・国家という大きな存在に守られ、個を抑制し、お上に奉仕する。

こうしたおとめ座的な思考・環境の中で、学べる何かがあった。その学びとは、例えば「抑圧されてでもしたい、何か」を、見つけることだったかもしれません。宇宙のテーマは本当に深淵で、わたし達人間が、初めから全てを与えられていたのでは「たましいの願い」に気づけないことを、知っているかのようです。

この時代的テーマが、おとめ座からしし座へ、うお座からみずがめ座へと移った今。一体宇宙からわたし達に、どんなテーマが託されているのか。もうお分かりでしょう。

「うお座×おとめ座」時代が作り出した国家という産物は、今あらゆる意味で瓦解(がかい)しようとしています。移民問題・紛争・内乱・テロの多くは「国境を超えて、他の国の状況を知る」インターネットの存在により、急速に増加しました。

インターネットはみずがめ座の象徴として、最初に挙げられる重要な要素。

封建国家にとってはこれこそが、脅威の産物なのです。ネットにより、他国、他民族がどれほど潤っているかを自国民に知られれば、抑圧され生きてきた彼らが、爆発的な暴動を起こすことは目に見えているからです。

もう少し卑近な話をするなら、わたし達個人が、勤め人ではなくフリーランスとして仕事を楽しめるようになったのも、ネットの恩恵は大きいでしょう。

自分という個性を、あらゆる人々に、ライブ感を保ったまま、魅力的に伝達できる。このネットの普及により、組織に守られ従属して生きる、おとめ座的生き方から、粗削りでも個性を存分にアピールして生きる、しし座的生き方へと、多くの人々がシフトしました。

わたし達人類が、宇宙から2000年周期でやってくる巨大なテーマを活用するとき。

今まさに、しし座性を発揮して生きることが求められています。しし座性とは、個性・自己表現・自己陶酔・ヒロイズム・スター性・自立・熱・肚から湧き上がってくるもの・没頭・無邪気さ・子ども心・粗削りです。

そして実は「抑圧されてでもしたい、何か」を見つけるために存在した、国家と言う制限は既に終わりを迎え…。次世代に向け、宇宙が用意した新たなハードルがあるのです。
それが、AI。人工知能です。

国家という概念が生まれた当初。その存在が人類に多大な恩恵をもたらした様に、AIもまた、わたし達に豊かさを与える面を併せ持ちます。すべてには表と裏があり、その両面を知ることが大切なのです。

次回はいよいよ、「AIの役割」と、そこに付随して生まれた「無償の愛」の必要性。これについて掘り下げていきましょう。

3年分の星読み【無償の愛と人工知能】2.

占星術家・木星(もくせい)
当リーディングは、現在木星が研究している「∞アストロジー」を使って行っています。


スピリチュアル下克上


こんにちは!新・占星術創始者の、木星(Jupiter)です。

 

今日のテーマは、「スピリチュアル下克上」。
今年秋から来年秋までの星の流れについて、新しく見えてきた情報をお伝えしていきましょう。

 

さて、今月は自己調整の時期でした。
5月末ごろから6月半ばにかけて、やたら眠くて仕方ない。動く気になれない。体調不良やメンタルの崩れなど、自分と向き合う時間が多かったことでしょう。

 

しかし6月終盤から7月にかけて、少しずつ上り調子に。エネルギーが満ちていきます。

 

次なる調整は8月終盤からで、それまでは自由にのびのびと自分を表現できますから、仕事や学びを楽しんでいきましょう。

 

さて木星はですね。
現在「小学生にも分かる占星術」の制作に没頭中。
併せて、新・占星術「インフィニティアストロジー」もさらに深く分かってきて、からだがいくつあっても足りない状況です。

 

この集中力を大切にしたいので、明日から長野の山奥に引きこもり、さらに制作に力を入れたいと思います!ネット環境が整わない場所のため、ブログ更新はしばらくお休み

 

その前に、新・占星術で新たに分かってきた、秋からの流れをお伝えしましょう。

 

今年の8月ごろから来年の10月ごろまで。
ラッキースター木星の流れを読む中で、大ブレイクのポイントがある。

それが「小学生にも分かる〇〇」とお伝えしてきました。
大ブレイクをあなたのものに!!2017~2018年秋!

 

「見えないもの」
つまりは、心理学・性・宗教・スピリチュアル・エネルギーワークetc.…。

 

を分かりやすく現実に落とし込む。
「小学生にも分かるくらい、簡単でシンプルで、楽しい表現をすること」が、鍵なんですね。

 

このエネルギーをさらに紐解いていくと、
「スピリチュアル下克上」
という言葉が飛び出してきました。

 

この時期、無名だったセラピストやカウンセラー、宗教家や風俗嬢などがあっという間にスターの階段を駆け上がる。

 

一方、今まで注目されていた同ジャンルのスターたちが、ふっと消える。ゆっくり右肩下がりになっていく。そんなことが起こるかもしれません。

 

いわゆる「スターの転落」は、見ることを避けてきた心深くにあるブロックを、無視し続けたときに起こるよう。とくに「外の顔」と「内の顔」を、大きく使いワケている方は要注意です。

 

この社会で「表の顔」を作ることはもちろん必要不可欠。しかしこの一年で、その傾向はやや過剰に。「社会で見せている顔」が「本来の自分」とかい離しすぎている方は、今後、仕事や発信がしんどくなっていきます。

 

同時に無名な方の大ヒットは、自身が抱える根深いブロックをトコトン見つめ、受け入れた時に起こります。

 

これ何故、起こるのかというと…。
今年の4月ごろから人々は、良くも悪くもアンテナ感度が上昇。人の発信の背後にある「本音」を、ネガティブ・ポジティブに限らず、より敏感に察知できるようになってきました。

 

カリスマ的な存在感で自己表現をしてきたスターたち。
これまでは輝いて見えた彼らの、その背後にあるメンタル的な課題がじわじわ重く感じたり。
或いは無名だった誰かさんの、真摯に自分と向き合う姿に希望と勇気をもらったり。
そんな心境の変化が、人々の中に起っていくんですね。

 

怒り、恨み、悲しみ、嫉妬、自己否定感…。

 

そうした感情は誰しもに在るものですが…。
その感情を無かったことにするのではなく、まるごと受け入れ認めてあげる。そして、その背後にある「本当の願い」をとことん感じきる。

 

 

これが、「小学生にも分かる〇〇」といったHOW・方法論を超え、ブレイクを呼ぶ根っこのテーマとなっていきます。

 

ぜひ自分の内側を、とことん見つめてみてくださいね^^。
それではわたしは一旦これで、研究と創作に入ります。

またお会いしましょうー!
 

 

木星(Jupiter) 
こちらFacebookアカウントお気軽にフォローくださいな^^

 

木星のプロフィールはこちら→→→


「小学生にも分かる占星術」作成スタート!!


今季最大のテーマ、「次世代の育成」と、木星個人のお話しです。

いやー…

8月の月食・日食。
蠍座に入る木星の動き。
土星、天王星の動き。

どこを切っても育成、育成、また育成!!
おかげでワタクシ木星はですね。まったく新しいシゴト、

小学生にも分かる占星術

の資料作りに突入しました(笑)。
こちらですね。。
新・占星術から、大ブレイクポイントを読んでいて、「だったらやるか~」としぶしぶスタートしたんですが、始めたらめちゃめちゃ面白い!!!

子どもにも分かる = 育成

分かりやすさって愛なんだ!!と突然肚から湧いてきて、感動して号泣してしまったよ。。
同時にですね。ブログの仕様も

子どもにも分かる

をポイントに、一掃していく予定です。
もしかしたら「小学生にもわかる占星術」資料の作成に追われて、ちょっとオロソカになるかもしれません。

断捨離のエネルギーもあるので、ブログをオフィシャルサイト一本に限定していく可能性も。その時にはご案内しますね!

同時にline@も準備中。
新・占星術で読む星の流れを、タイムリーに、繋がってるあなただけに♥お届けいたします!

それでは!
皆さん、次世代の育成に向けて、ガンガン才能を発揮していきましょー!!!
であなたの天才性を開こう。世界初!マントラ指導者ダケアヤナの「変容マジック」もお楽しみに。
 

 

木星のプロフィールはこちら→→→