あなたのコミュニケーションは、相手を心地よくする?それとも?


一昨日からの記事。

1)【あなたは「幸せ」を選ぶ脳?その1】

2)【あなたは「幸せ」を選ぶ脳?その2】

 

今日はこの続きです。

 

俺、彼女がいない。
だから寂しくて不安で、不幸。

やっと理想の彼女が出来た。
俺、ひょっとして彼女を失うかもしれない。
不安で、落ち着かなくて、不幸。

 

どっちを選択しても、どっちみち「不幸」。
そんな思考パターンが「不幸のダブルバインド」

 

この「ダブルバインド」をコミュニケーションに使うとどうなるか。
そこに生まれるのは、コントロール
蠍座の力です。

 

実はこれ、わたし無意識に使っていたんですよね。
それをお仕事仲間のカウンセラー、築木悟さんに指摘され、深く反省させられました。

 

 

「わたし前日まで東京で、名古屋到着は夜遅くなるんですが、
翌日のミーティング、どうしましょうか…。
築木さんのご都合はいかがですか
都合悪ければこの日でも良いですし…」

 

みたいなコミュニケーションw
文書化するとより一層、感じ悪いなっ!!(笑)

 

つまり、ミーティングの日程調整で

 

A案 : 延期する
B案 : 予定通り決行

 

その選択の自由を相手に与えてるように見せて…

 

前日まで東京
名古屋到着は夜遅くなる

 

と、暗に負担であることを示唆(笑)。
言われた相手は、「予定の日をずらしましょうか?」と言わざるを得ない。
選択肢は一つなんです。二つに見せて。

 

 

これは、Aを選ぼうがBを選ぼうが、どっちみち不幸。

 

 

のダブルバインド構造と同じで、

 

 

A案、B案、あるように見せて、どっちみちB案しかない。

 

ってこと。これですね。日本人はよくやらかすコミュニケーションです。
リクエストが基本的に苦手。相手に自由を与えたように見せて、や~んわり、断定せずに交渉したい。

 

火星 : 自己主張

 

を使うのが苦手なんです、ハイ(笑)。

 

 

そして、このコミュニケーションには潜在的なコントロールが含まれます。

 

だから、相手は「予定の日をずらしましょうか?」と切り出したものの、何となくモヤモヤ感が残る。ストレスを感じるんですね。

 

 


 

そして、もしこのダブルバインドを意図的に使うケースがあるとしたら。
例えばゴリゴリの営業マンとかw
何としてでも信者に取り込みたい、ゴリゴリの宗教者とかw

 

相手に、A案、B案を選択する自由を与えているようで、どっちを選んでも「買う」「入団する」というゴールが決まっている。

 

蠍座のテーマは、コントロール・洞察

 

「ダブルバインド・コミュニケーション」の背後にあるコントロールも蠍座のテーマなら、それを見抜く洞察力も、蠍座のテーマです。

 

相手・自分の蠍座の力をしっかり知って、真に自由な対話を心がけたいですね♪

ではまたね^^。

 

 

 

星起こしのクリスタルヒーラー 木星♥ 

 

 

まずはフォローからお願いします(‘-^*)/

 

 

 

 イベント情報 

◆【4/16㈰@名古屋・村元里弥プレゼンツ】《夢分析》が好き過ぎる木星jupiterの変態お話会💖

◆【3月@東京4月@名古屋】自分の星を生きる!天体クリスタルヒーリング個人セッション募集
自分の星をクリスタルに転写。魅力と才能を最大限に花開く、パワフルなエネルギーヒーリングです。

◆【4月スカイプ】「気づきの占星術セッション個人鑑定募集
あなたのホロスコープに刻まれた才能・魅力を、体感から知る占星術個人鑑定です。(新・占星術「インフィニティアストロジー」ではありません)

木星のプロフィールはこちら

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です